ホーム > 電子定款作成費用

電子定款作成費用

電子定款作成費用の比較

このページの目次

電子定款作成準備に必要な物

ご自身で電子定款を作成するには、一般的に下記の物品が必要になります。

  • 住民基本台帳カード(電子証明書取得のために必要)
  • 電子証明書(公的個人認証サービス)
  • ICカードリーダライタ
  • PDF変換ソフト
  • PDF署名プラグイン

これら全てをそろえるには、一般的な組み合わせで32,000円程度かかると考えられます。

紙の定款に貼り付ける印紙が4万円ですので、ご自身で電子定款を作成すると紙の定款に比べて8,000円安くなりますが、実際にご自身で電子定款を作成するとなると、電子証明書取得の手間、専用ソフトインストール、法務省オンライン申請システムの準備として利用マニュアルの読み込みやjavaの設定など、慣れていらっしゃらない方は結構な時間がかかるかもしれません。

コストは金銭だけではありません。起業家の皆様にとって、時間というコストも大いに気になるのではないかと思います。

弊所の電子定款作成サービスをご利用されますと、ご自身で電子定款を作成する場合に比べ、下記のとおりお安く作成することができます。

  • 株式会社の場合:ご自身で作成するよりも 2,000円OFF
  • 合同会社の場合:ご自身で作成するよりも 7,000円OFF

▲このページの目次へ

株式会社の電子定款をご依頼いただいた場合

  • 専用ソフトや電子証明書は、一般的なものを使用したと想定して計算
  • 金額は概算です。
ご自身で紙の定款を作成した場合 ご自身で電子定款を作成した場合 電子定款作成代行をご利用の場合
専用ソフト - 29,400円 導入済み
電子証明書等 - 500円
~1,000円
導入済み
ICカードリーダ - 2,000円 -
認証手数料 50,000円 50,000円 50,000円
収入印紙 40,000円 不要 不要
謄本代 2,000円 2,000円 2,000円
行政書士報酬 - - 30,000円
合計 92,000円 84,000円 82,000円

弊所にご依頼いただきますと、ご自身で一般的なソフト類を揃えて電子定款を作成するより、2,000円安く電子定款を作ることができるのです。さらに、役所に出向いて電子証明書を取得したり公証役場にも出向く必要もなくなるため、交通費も節約することが出来ます。電子定款作成は、行政書士を上手にご活用ください。

▲このページの目次へ

合同会社の電子定款作成をご依頼いただいた場合

  • 専用ソフトや電子証明書は、一般的なものを使用したと想定して計算
  • 金額は概算です。
ご自身で紙の定款を作成した場合 ご自身で電子定款を作成した場合 電子定款作成代行をご利用の場合
専用ソフト - 29,400円 導入済み
電子証明書等 - 500円
~1,000円
導入済み
ICカードリーダ - 2,000円 -
認証手数料 認証不要 認証不要 認証不要
収入印紙 40,000円 不要 不要
謄本代 - - -
行政書士報酬 - - 25,000円
合計 40,000円 32,000円 25,000円

弊所にご依頼いただきますと、ご自身で一般的なソフト類を揃えて電子定款を作成するより、7,000円安く電子定款を作ることができるのです。さらに、役所に出向いて電子証明書を取得する必要もなくなるため、交通費も節約することが出来ます。電子定款作成は、行政書士を上手にご活用ください。

▲このページの目次へ