ホーム > 事業形態の比較:事業形態一覧

事業形態一覧

事業形態の種類

起業・開業の際にはいずれかの事業形態を選ぶことになりますが、各事業形態を比較する前に、事業形態の種類についてまとめてみましょう。

個人事業

最もシンプルな事業形態です。会社や有限責任事業組合を設立するのと比べて、事業を開始する手続きも至って簡単です。営業許可を取得する場合などは別ですが、基本的に、事業を開始するための手続き費用もかかりません。

▲このページの目次へ

株式会社

起業、開業、事業立ち上げと言うと、真っ先に思い浮かぶ事業形態が“株式会社”ではないかと思います。平成18年5月に会社法がスタートしたことによって、設立手続きの面でも、会社運営の面でも、従来とはずいぶんと変わった点があります。

▲このページの目次へ

合同会社(LLC)

起業家の間では、LLCという呼び名でもすっかりお馴染みとなりました。この事業形態は、平成18年5月の会社法スタートにより、新たに作られました。株式会社に比べて設立手続きがシンプルで、費用も安く済みます。

▲このページの目次へ

有限責任事業組合(LLP)

この事業形態は、平成17年8月から活用できるようになりました。株式会社や合同会社と異なるのは、有限責任事業組合はその名前からも分かるように、『会社』ではなく、『組合』であるという点です。組合であるということのメリット・デメリットをご確認の上、起業時の事業形態選択肢の1つとしてご検討ください。